トップ 旅行記帰国後 >死ぬまでに一度は行きたい世界の国々 おすすめベスト10

死ぬまでに一度は行きたい世界の国々 おすすめベスト10

世界一周した私から、総括としてのおすすめ旅行先ベスト10発表。
「どこが一番良かった?」って毎回聞かれるんで、もうまとめる。

ただね、ひとつだけ先に言わせて。
確かに世界には素晴らしい場所が沢山ある。

けど、TVなり雑誌なりブログで取り上げられるランキングって基本的に「絶景」ばっかり。要するに写真映えするかどうかって基準でしかない。

すなわち、現地に着いて、景色見て、わぁすごい。これで終わり。
たったこれだけのために何十万も払って遠路はるばるやって来るほど
価値のある場所って、たぶんみんなが思ってるよりも少ない。

もっと本当に楽しい場所、行って良かった!って心から思える場所を知ってもらいたい。そういうセレクションで紹介させてもらいます。


では、アンチクライマックス法にて、いきなり1位から発表。

第1位:インドのすべて



いやもうね、何だかんだ言ってもですよ。
相当悩みに悩んだ挙句、やっぱりここしかない。
インドほど独創的で刺激的な国はたぶん無い。
好きになっても嫌いになってもいいから、とにかく一回体験して欲しい国。

北インドだけじゃなくて、必ず南インドも周って欲しい。
あとハンピには必ず行って欲しい。

インドに行くついでに組み合わせて他のところ周るとしたら・・・ネパールとかタイだろうけど、まぁ普通にインドだけに時間を費やした方が絶対いい。



第2位:トマト祭り(スペイン)



もうね、これ行かないとかあり得ない。
最高にクレイジーで最高にハッピーな祭りだと思う。
もうみんな、いくら会社では真面目に通しててもさ、この日ばっかりは狂っていい。若い内に行け。絶対に行け。

マジで行っちゃう人は、これを参照。
徹底攻略:トマト祭りの時期・場所・行き方・楽しみ方

組み合わせとして、イビサ島、バルセロナあたりを組み合わせて
遊びまくるツアーがいいかも。



第3位:サナアの旧市街(イエメン)



本当は1位にしてもいいぐらい魅力的な街。
超フレンドリーな人々、黒装束の女性、幻想的な建物。
異国情緒あふれる空間へのタイムスリップ。
特に何があるわけではないけど、それでいい。それがいい。

強いて組み合わせるならエジプトかなぁ。
どっちにしてもイエメンはどこかを経由しないと行けないってのもある。



第4位:ウユニ塩湖(ボリビア)



そろそろコレ入れとかないと、色んな人に怒られそうなんで。
世界一の絶景って言ったら、もうココで決まりなんじゃないかなぁ。

まずはこれを見てくれ。話はそれからだ。
写真:ボリビア(雨季限定の絶景 ウユニ塩湖の鏡張り)

組み合わせは、ド定番のペルー、マチュピチュあたりでどうでしょう。



第5位:ニューヨークシティ(アメリカ)



何でこんなに楽しいのよ、ニューヨークは。
歩いてよし、食べてよし、買ってよし、遊んでよし。
もう大人のディズニーランドって言っても過言じゃない。
何度でも何度でも、飽きるまで行きたい街。

組み合わせとか要らないから、とにかくNYを満喫!



第6位:サルヴァドールのカーニバル(ブラジル)



ブラジルのカーニバルと言えば、リオが有名だけど、あえてこっちを推したい。
参加型の打楽器サンバ。音楽の楽しさを存分に味わえること、間違いなし。
見てるだけじゃつまんない。やっぱり本気で楽しみたい。そう思いませんか?

組み合わせはブラジルのリオ、もしくはアルゼンチンのブエノスかな。
もしくは経由地でメキシコを選ぶのも非常にアリ。



第7位:キングストンのクラブ(ジャマイカ)



意外とジャマイカ行く人って少ないんだよね。
だからこそ、推しておきたい場所のひとつ。

はっきり行ってジャマイカのクラブシーンはちょっと特殊なんで絶対に体験しといて欲しい。クラブ好きなら、イビサよりも先にこっち。
あと、サウンドシステムに金かけてるだけあって、音がめちゃくちゃいい。

組み合わせは、メキシコのカンクン、キューバのセットがいいでしょう。
もしくは、マイアミからジャマイカ行って、その後NYとか。



第8位:2つの「壁」(イスラエル)



ひとつはエルサレムにある嘆きの壁。
金曜の夜に、嘆きの壁の前で行われる集会というか、ユダヤのお祈りは圧巻。
もうひとつは、ベツレヘムにある、パレスチナ人を隔てる壁。現代版ベルリンの壁。壁に書き込まれた多くのメッセージを目に焼きつけてほしい。

こういう世界が現実にあるんだ、と自分の目で見て体験して欲しい場所。
多様性に対する理解と、社会勉強のひとつとして。

組み合わせは、ヨルダンのペトラや死海あたりが妥当かも。



第9位:タイのすべて



タイほどコストパフォーマンスの高い国って、ない。
物価が安くて、メシがうまくて、安全で、フレンドリーで、気候も良し。
山あり、海あり、世界遺産あり、セブンイレブンありの、最強の風俗街あり。
気の合う仲間と豪遊したいもんだ。

組み合わせはマカオのカジノとか。物価の差にものをいわせる、下品な遊び方でお願いします。



第10位:ボゴタ(コロンビア)



もう10位か・・・、ベスト10なんかじゃ収まんないな・・・。
ってことで、無理やりねじ込んだ感が強いけど、最後はコロンビアの首都ボゴタ。そこそこ安くて、結構都会。人はフレンドリーで、ノリがいい。

あと女の子のクオリティがハンパねぇっす。

この写真の子で、ごく普通のどこにでもいる子、ぐらいの感じ。
たまに強盗とか出るらしいけど、普通に暮らしてみたい街。

組み合わせは、近隣のペルーかボリビアでしょうかね。
なかなか、日本からコロンビア単発で行くのは難しいだけに、
何でもいいから何か理由つけて行って欲しい。



番外編その1:グラナダのバル(スペイン)



個人的にベスト5ぐらいに入れたかったけど、2位にスペインいれてたんで、
ベスト10に同じ国2つはマズイかなと空気読んで外してみた。
けど、やっぱりおすすめしたい。

グラナダが持つ、南スペイン特有のゆったりした空気と、
うまい飯、うまいワインと、最高のフラメンコをただひたすらに堪能せよ。
短期でせかせかする旅じゃなくて、ゆっくり最低でも1週間は居てほしい。

組み合わせはしてほしくないけど、2週間以上休みが取れるなら、
モロッコにも足を運んで欲しい。


番外編その2:エンジェルフォール&ロライマ山(ベネズエラ)


(この画像はネットから拾ってきました)

今回私が行けなかった場所で、もし行ってたら
ベスト10に食い込んでくるんじゃないかと思われる場所。それがここ。

アクセスの悪さも手伝って、おそらく完全には観光地化できない場所だと思う。
あんまり絶景系には惹かれない私も、かなり興味を持ってて、必ず行くつもり。
そのついでにコロンビア寄ろうと思う。



以上、チェカマメロディ的ベスト10でした。


最後に私が世界一周旅行で撮ってきた写真でも見て、
モチベーション上げてくださいまし。




それでは皆さん良い旅を。


  質問やメッセージはこちらからお願いします。

旅行に役立つ情報満載の人気記事

こんな旅行記がよく読まれています